2020年9月27日

藤田阳三 FUJITA YOZO

添加时间:2013-01-03 14:21:11   点击次数:16124 次                 【字体:

     2009年8月、縁があって西安培華学院にまいりました。終南山のふもとに近く、「常寧宮」までバスで二駅という、長安区の新キャンパスの広大さに驚き、この地でまたひと働きをと心に決めて、日夜、日本語教育に勤しんでおります。母国、日本で33年間培ってきました教育経験と、西安市内の三大学で積み上げてきました日本語の教育実践を西安培華学院で実践できる喜びを日々実感しています。より多くの学生諸君の日々の研鑽に少しでも援助できればと、全力を傾注して奮闘し、齢七十を超えてなお生涯青年の勢いで張り切っています。難しい日本語を少しでもわかり易く、そしてそれを通して日本理解へと深められるよう工夫し努力しています。時にはわがふるさとの京都弁も交えての授業では時のたつのも忘れて過ごしております。